認定看護師

認定看護師とは

認定看護師という言葉を聞いたことがありますか?
認定看護師とは特定の分野において、豊富な知識と熟練した技術を持っている人のことを言います。
認定看護師は日本看護協会の認定を受けないとなれません。

 

また初めからこの認定看護師になれるわけではないのです。
始まりはもちろん看護師からです。
保健師や助産師の資格でも構いません。
その資格を保有し、実務経験が5年以上あることが条件となります。
その5年の中の3年は、特定の分野に従事していることも必須条件です。
認定看護師の仕事は、自分が持っている知識と技術を最大限に生かせるものです。

  • 熟練している分野の技術を、患者さんやその家族に対して行うこと。
  • 熟練している分野の技術を現場の看護師に対して指導していくこと。
  • 熟練している分野について、看護職者と相談していくこと

この三つが主な仕事と言われています。
自分だけが力を発揮するのではなく、現場のスタッフと力を合わせてやっていくこともこの認定看護師の仕事の一つなのです。

 

http://xn----ny6a59atp446cn3t.com/

認定看護師の給料

認定看護師の給料は?

ある特定の分野において豊富な知識と高度な技術を持つことでなれる認定看護師。
この認定看護師になるには、仕事においての実務経験も必要ですし教育を受ける必要もあります。
看護師になること自体も大変ですが、認定看護師になるとなればもっと大変な思いをしなければならないということです。
ここまで苦労してなるのですから、当然認定看護師は通常の看護師よりも給料が高めです。
しかし認定看護師の給料はこれくらいという基準が定めにくいです。
なぜなら、自分が極めている分野においても手当が変わりますし病院や地域によっても全く金額が違ってくるからです。
分野はとても幅広く、救急看護・創傷・オストミー・不妊看護・ホスピスケア・訪問看護・糖尿病看護・新生児集中ケアなどがあります。
もっと色々な分野があるので、自分が極めたい分野があるかどうかは事前に調べておきましょう。

 

どちらにしろどの分野においても看護師よりは給料が上です。
ですので高額の給料がもらえると思っておいてもいいでしょう。

更新履歴